千了=1(別館)

日々の徒然、雑多なテーマに対し雑に述べる→本館はGOMISTATION

カテゴリ: 野球

さて、打率、得点ともに最下位に沈んでおり、防御率1、2位の菅野田口とマシソン池田を中心とするリリーバー陣をもって何とか3位に留まっている状況である。テコ入れするならば、まず、センターラインの確保、打撃の底上げだが、これは一長一短にはいかない。2013年日本シリーズにおいて、楽天に負けて橋上(現西武一軍野手総合コーチ)解任から、貧打は進んでしまった。

まず、原前監督は、めっぽう見逃し三振が嫌いで表情にも出た。それで、打撃方針は、スモールベースボールという感じに、まあ言ってしまえば、単打で繋いでいく野球を目指した。1打席で結果がでなければ、すぐに交代させられる、このような状況は若手ベテラン問わずに萎縮させた。つまり、三振以外であれば、ある程度は評価されるという思想が根底にあり、バットを強く振れない。大田泰示が新天地で、開花しているのを見れば、それは一目瞭然だろう。

まず、坂本亀井など、2007-2010の振れる選手を作ったのは、篠塚である。これは間違いない。不振時の小笠原、ラミレスを指導しV3を牽引した。2011以降は阿部慎之助の活躍により、優勝できたようなものだ。篠塚の打撃理論はシンプルだが、橋上理論と似ている。両者に共通するのは、「打てる玉を打つ」ということだ。篠塚は「来た玉を打つ」に代表されるように、フォームの固定とバットの振りを重視した。橋上は、「目線を上げる」と言い、見逃し三振をチーム方針として許した。このおかげで、打撃は安定した。

問題はこの後だった。村田真一が、あろうことか、バッティングコーチになり、理論もへったくれもないもので、混乱してしまった。長野久義や村田修一(一時期の坂本勇人)の不振は、彼や原に起因するだろう。今すぐにでも解任していただきたい、愚痴はこの辺にする。


さて、今すぐにできる、巨人打線への対処法は、クルーズの昇格と、捕手の併用である。クルーズは二軍でホームラン8本打率3割と好調であり、不安定なカミネロを落とし、昇格させてセカンドの攻撃増加を図る。育成できるポジションは、センターくらいだろう。陽岱鋼が復帰したならば、その枠もなくなり、レフトで毎日のように交代するようになる。

センター育成は、間違いなく、橋本到である。これは我慢をして使うべき。彼は、昨年度、貢献度指標のwarで巨人2位の選手である。重信なんて間違ってもスタメンで使ってはいけない。長打あり守備範囲良い外野どこでも、これは我慢して使うべきだ。レフトは、本来ならばギャレットが入るはずだが、外国人選手枠の関係で上がってこれない。そもそも、今は怪我をしているが。

また、小林は捕手として結果を残せていない。守備面だけは普通のレベルになったが、盗塁阻止率はトップ3に入っておらず、打撃はリーグ最下位である。競争させてもいいが、対抗馬は宇佐見河野鬼屋敷と心もとない。現実的には、実松との併用が好ましいと思われる。とうぜん、宇佐見もしくは鬼屋敷を使ってもいいのだけれど、使うとすれば、今期は捨てる覚悟が必要だ。

打順なんてあってないようなものだが一応提示
1長野 CF→陽岱鋼
2橋本 RF
3坂本 SS
4阿部 1B
5マギー 3B
6クルーズ 2B
7石川 RF
8実松、小林、鬼屋敷 C

こうだろうな、最低限

クルーズ昇格できれなければ、マギーセカンド、サード村田くらいの無謀なこともしなければならないだろう。それぐらい、切羽詰まっている。

中日ドラゴンズの弱さが細胞の隅々にまで染み渡っていく
http://anond.hatelabo.jp/20170506173315

あーあんまり、ブコメでは中日ドラゴンズファンの苦しみが分かっていない人が多すぎるので、ここで指摘しておく。親会社、ドラフト戦略の失敗どうこうではないよ、彼らの苦しみは。つか、あまりに分かってなさすぎ。トヨタにでも親会社変えれば、上手くいくと思っているのは浅はか。んで、「阪神広島ヤクルトの暗黒よりマシだろw」っていう意見が散見されるんだけど、これは違うよね。阪神はともかくとしては、広島ヤクルトは、Aクラス常連ではないから。



落合GMのせいにされがちだけど、本質はそこにない。直近10年で、何度も優勝しているのだから、彼のせいにするのはお門違い。GMとしては有能ではなかったし、育成もしなかった。でも、そういった次元のことではないよ、俺が思うに中日ファンの苦しみは。

2006~2014においては、セリーグにおいて、巨人と中日しか、セリーグ優勝を果たしていない。これは有名だよね。で、2012は2位、2013-2014は4位、2015は5位、2016にはとうとう最下位。見事なまでの、下り坂。そして、スター選手もあまりいない。大島平田が中日愛にあふれていたから、FAされずに留まって良かったものの、それでも現在最下位。こりゃ苦しいよ。


svg
(wikiより)

ここまで中日が落下したのは、とうぜん、ドラフト戦略のミスもあるけれど、それは結果論にすぎないし、ナゴヤドームというホームランが出にくい球場をホームにしていて、落合政権と高木政権では、まだ守り勝つ野球をしていた(せざるを得ない)。そこで活躍していたのは、やはり投手陣だったよ。先発は、大野若松山井(ある程度オモテは期待できた)といて、中継ぎは福谷祖父江田島又吉浅尾と豊富だった。少なくとも、中継ぎにかんしては、そこそこ安定していたはず。

近年は、それが崩れてしまって、昨年信用できたのは、たしか又吉と田島ぐらいだったでしょ。ただ、ビシエド福田大島平田藤井と打撃陣が活発になり、まだ期待ができた。だけど、昨年終わりくらいからは、まともに打てるのが大島平田くらいになり、先発中継ぎもボロボロ、ビシエドは打たねえし、新外国人も守備でミス連発。希望は周平くらい。

整理すると、投手陣が崩れ、そして打撃陣も崩れた、んで、客も入らねえし試合も面白くない。直近15年ではAクラス常連だったのに、ここ5年は下降の一方なんよ。だから、すごい辛い。広島横浜は万年Bだったでしょ、そこにはあるていどの諦念があったけど、なまじAクラス常連だっただけに、ここ5年の停滞は余計に辛い。監督を高木→谷繁→森繁と変えても良くならず、コーチもダメ、選手も一部のみ、何に期待していいかわからず、負け試合ばかり。

スカッとする試合もない、なにか出口の見えないトンネルをひたすら巡っているようで辛いでしょ。過渡期だからって、ここまで希望が見えないのは中々ないよ。一昨年は和田とガッツがいたから、まだ楽しめた。今は、周平ぐらいしかいない。ホームランも球場のPF的に出にくい、つまり爽快感がない。軽くまとめたけど、まず、横浜阪神の暗黒とは、またちょっと違うことを知って欲しい。なまじ、Aクラスをあじわっているから、たちが悪いんよ。

僕としては、さっさと日本球界を去って、メジャー行ってもらいたい。1年目は騒がれるけど、その後はどうってことないっしょ。岩隈は15勝しても報道されないんだし。まあ、清宮が代わりだろうなあ、ニューヒーローなんか求めてないって、こっちは。なんなら、12球団の動員はそれぞれ上昇してるよ(巨人は下がったが元が高いのでセーフ)。大谷や清宮みたいなヒーローがいなくても、野球ファンの人口は増えている。てことは、マスコミと世間だけがはしゃいでるんですわ。

東京ラウンドの時は、もともと知っている中田ファミリーと食事に行ったり、アリゾナのキャンプ地では藤浪、(坂本)勇人さん、(鈴木)誠也と一緒にマエケンさん(ドジャース前田)と行きました。大谷が辞退していろいろ言われたけど、いないことでかえって結束したというか、最高のチームにまとまった気がします。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170503-00000006-nkgendai-base

大谷にたいしては、選手みんな、多分ストレス要因だったんだろうね。特別扱い、振り回される小久保、そういや小久保ですらキレてたし。菅野なんて目じゃないくらいの入団経緯なのに批判しねえじゃん、マスコミは。メジャーいくんでしょ、なんで日ハム入ったの。

ぼくは、再三「断るんならはなから断れ」と主張していて、その点はメジャー組にかんしてはもういいよ。彼らはメジャーとWBCの両立に自信がなかった、それは全然構わない。でも、大谷と嶋は直前になって、辞退をした。これは良くないよ。嶋は怪我してました、それなら、ベンチでニヤけている暇などなくて、さっさと小久保に辞退を申告すべき。じゃないと、次の捕手の登録も調整も間に合わない。小林がなんとかなったから、良かったけど、彼は5~8キロもWBCで体重を落としている。嶋も批判される方がいいと思うけどね。

で、大谷だけど、こいつはもっと悪質だよ。足首の故障で出られるかどうか微妙という態度を続け、DHでは出られるという無茶振り(事実上の拒否)をし小久保を怒らせたんだから。ここまでならまだいいけど、翌日にはフットサルとキックボクシング、呆れない人がおるんかな。


「今日は各球団、それぞれの選手が活躍した」というのがあるよね、で、スポーツニュースは、こぞってヒーローを作ろうとしているから、大谷が中心になる。大谷が活躍したんなら別にいいけど、この前やってたのは、鈴木大地がヒーローのときに、大谷の凡打を流すっていう暴挙だからね。野球ファンはだいたい大谷嫌いだよ。味方してくれんのは、世間とハムオタだけでしょ。

1中井 二
2橋本 中
3坂本 遊
4阿部 一
5マギ 左
6亀井 右
7村田 三
8小林 捕
9投

守備範囲が広く、外野どこでも守れる橋本をセンター起用。打撃が安定すれば、十二分だろう。二番は中井、今年はフェンス超えるくらいのパワーあり、小技もあり、選球もある。三番坂本四番阿部は崩さずに、だろう。ここまでが一つの形。

マギーはイマイチ打球が上がらない、まあ外国人選手は春先弱いので判断はこれからか。6番には、守備と肩も優れた、勝負強い亀井を起用。7番には村田を入れたい、昨年は三割20本打った打者だ。チャンスというか、とうぜんのレベルで、20試合は必要。小林捕手は継続だが、クソみたいなオナニーインコースはほどほどにして欲しい。広島、石原のような盤石のリードをして欲しいが、それは贅沢だろう。ありゃリードだけで食ってる。

マギー不調ならば、ギャレットに。村田不調ならば、マギーはそのままか。サードが難しいところだな。

このページのトップヘ