千了=1(別館)

日々の徒然、雑多なテーマに対し雑に述べる→本館はGOMISTATION

カテゴリ: 野球

結論から言うと、若手育成のために犠牲になった。おそらく、村田に提案された案は、「シーズンを通しての代打起用」であって、村田は拒否した。結果的に、戦力外にされたと見るのが普通だろう。サードをマギーが守り、ファーストに阿部+育成したい若手(おそらく岡本)を使い、セカンドに吉川尚を使いたい。この構想が既に編成トップにあったのではないか。

「新化」「一新」などと体が良いスローガンを並べてみたはいいが、スタメンはこの2、3年であまり変化していない。阿部坂本村田長野、この4人が基本的な軸だった。やっとこさ、育成をしようと重い腰を上げたんだろう。そう考えていくと、スタメン確約は、陽岱鋼、坂本、マギーの3名のみ。来季の他のポジションは、本当に競争させて選ぶだろう。そうであって欲しい。

まずファーストは、阿部を使う。ただ、もはや野球選手として動けているのが奇跡なくらい、身体の故障は激しい。半分は代打出場になりそうだ。ここにおそらく岡本を持ってくる。ゆくゆくはサードで、と思っているだろうけれど、守備はまだまだだろう。セカンドには、急造のマギーが座っていたが、来季は吉川尚を起用する可能性が高い。キャッチャーは宇佐見と小林の一騎打ちだろう、現時点では、宇佐見を支持したい。打てる捕手というだけで、理由は十分だ。守備なんてその内上手くなる。インサイドワークが壊滅的な小林にはもはや、僕は信頼を置いていない。控え捕手で良い。

ライトには、橋本到を起用したいところだ。たしかに、僕は橋本到のファンではあるが、彼の過小評価されっぷりには不満を抱いている。チーム内の貢献を表すWARは、2015年チーム第2位であった。彼は守備範囲がとても広い。そして、強肩俊足強打とくれば、首位打者を獲った年以来、成績が落ち込んでいる長野を使う理由があまりない。外野争いは、し烈になりそうだ。

遊撃手 坂本勇人
中堅手 陽岱鋼
三塁手 マギー
一塁手 阿部慎之助/宇佐見/岡本
二塁手 吉川尚/中井大介/吉川大
右翼手 橋本到/長野久義
左翼手 外国人枠(ギャレットはどうなるんだろうね?)/亀井義行
 捕手 小林/宇佐見

なんだろう、力さえあれば、世間が容認すれば、すべてが許されるんだろうなと思う。ああ、日本が没落するのも当然だなと。野球界に、大谷のようなスター選手はとうぜん僕も必要だと思うけど、柳田と山田哲では物足りないのだろうか。H上林、C鈴木誠、D福田、探せば、まだまだ存在する。ホームランバッターは、スター選手になりやすい。それは、松井秀喜を見ても、王貞治を見ても、もしくは、外国人スラッガーを見ても分かることだ。直感的に、スゴイと分かる。

”彼は異次元の存在である”とマスコミは印象づけたいのだろう。僕からして見れば、あれだけのフィジカルをもってして、あんな質の低いフォーシームを投げる選手のどこが異次元なのか理解できない。いや、160kmを超えるフォーシームや二刀流で二桁ホームランというところを見れば、とうぜん今までに前例がない。ただ、前例がないことと、異次元であることが同値であると、僕は思わない。

田沢を素晴らしい選手だと思うのは、彼がまさしく、身一つでメジャーへと乗り込んだからだ。

大谷 メジャー挑戦へ代理人選びの面談始める 米サイト報道
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170927-00000009-spnannex-base

ね?言ったとおりでしょ、今年は日ハムにとって、オオタニという商品にキズがついてはいけない年だったんよ単純に。WBC辞退→フットサル報道→2017投手・野手起用ほぼなし。呆然ですが、活躍はしません。これはまあ、至極とうぜんのことです。彼のフォーシームは、終速と初速の差が大きく、いわゆるノビがない。

選手情報-大谷翔平
https://baseball.yahoo.co.jp/npb/player/1200087/

メジャーから見れば、大谷の今年度の成績など、どうでもいい。それまで、安定した成績を残していたわけですから、別にそこに関して不安はない。その上、投手を徹底的に”消耗品”として管理するメジャーの考え方を見ると、日ハムはメジャーの「日本プロ野球などで、”消耗”して欲しくない」という考えに寄り添ったわけです。今風な言い方をすれば、「忖度」という形です。もはやWBC前、2月には今オフのポスが決定していたのでしょう。

まあ、こちらとしては、プロ野球ニュースで、大谷の名前を見る機会が減って嬉しい限りです。その代わりに、清宮のニュースはとうぶん続くでしょうね。まあ、こればかりは仕方ないかなあとも思います。

さて、打率、得点ともに最下位に沈んでおり、防御率1、2位の菅野田口とマシソン池田を中心とするリリーバー陣をもって何とか3位に留まっている状況である。テコ入れするならば、まず、センターラインの確保、打撃の底上げだが、これは一長一短にはいかない。2013年日本シリーズにおいて、楽天に負けて橋上(現西武一軍野手総合コーチ)解任から、貧打は進んでしまった。

まず、原前監督は、めっぽう見逃し三振が嫌いで表情にも出た。それで、打撃方針は、スモールベースボールという感じに、まあ言ってしまえば、単打で繋いでいく野球を目指した。1打席で結果がでなければ、すぐに交代させられる、このような状況は若手ベテラン問わずに萎縮させた。つまり、三振以外であれば、ある程度は評価されるという思想が根底にあり、バットを強く振れない。大田泰示が新天地で、開花しているのを見れば、それは一目瞭然だろう。

まず、坂本亀井など、2007-2010の振れる選手を作ったのは、篠塚である。これは間違いない。不振時の小笠原、ラミレスを指導しV3を牽引した。2011以降は阿部慎之助の活躍により、優勝できたようなものだ。篠塚の打撃理論はシンプルだが、橋上理論と似ている。両者に共通するのは、「打てる玉を打つ」ということだ。篠塚は「来た玉を打つ」に代表されるように、フォームの固定とバットの振りを重視した。橋上は、「目線を上げる」と言い、見逃し三振をチーム方針として許した。このおかげで、打撃は安定した。

問題はこの後だった。村田真一が、あろうことか、バッティングコーチになり、理論もへったくれもないもので、混乱してしまった。長野久義や村田修一(一時期の坂本勇人)の不振は、彼や原に起因するだろう。今すぐにでも解任していただきたい、愚痴はこの辺にする。


さて、今すぐにできる、巨人打線への対処法は、クルーズの昇格と、捕手の併用である。クルーズは二軍でホームラン8本打率3割と好調であり、不安定なカミネロを落とし、昇格させてセカンドの攻撃増加を図る。育成できるポジションは、センターくらいだろう。陽岱鋼が復帰したならば、その枠もなくなり、レフトで毎日のように交代するようになる。

センター育成は、間違いなく、橋本到である。これは我慢をして使うべき。彼は、昨年度、貢献度指標のwarで巨人2位の選手である。重信なんて間違ってもスタメンで使ってはいけない。長打あり守備範囲良い外野どこでも、これは我慢して使うべきだ。レフトは、本来ならばギャレットが入るはずだが、外国人選手枠の関係で上がってこれない。そもそも、今は怪我をしているが。

また、小林は捕手として結果を残せていない。守備面だけは普通のレベルになったが、盗塁阻止率はトップ3に入っておらず、打撃はリーグ最下位である。競争させてもいいが、対抗馬は宇佐見河野鬼屋敷と心もとない。現実的には、実松との併用が好ましいと思われる。とうぜん、宇佐見もしくは鬼屋敷を使ってもいいのだけれど、使うとすれば、今期は捨てる覚悟が必要だ。

打順なんてあってないようなものだが一応提示
1長野 CF→陽岱鋼
2橋本 RF
3坂本 SS
4阿部 1B
5マギー 3B
6クルーズ 2B
7石川 RF
8実松、小林、鬼屋敷 C

こうだろうな、最低限

クルーズ昇格できれなければ、マギーセカンド、サード村田くらいの無謀なこともしなければならないだろう。それぐらい、切羽詰まっている。

中日ドラゴンズの弱さが細胞の隅々にまで染み渡っていく
http://anond.hatelabo.jp/20170506173315

あーあんまり、ブコメでは中日ドラゴンズファンの苦しみが分かっていない人が多すぎるので、ここで指摘しておく。親会社、ドラフト戦略の失敗どうこうではないよ、彼らの苦しみは。つか、あまりに分かってなさすぎ。トヨタにでも親会社変えれば、上手くいくと思っているのは浅はか。んで、「阪神広島ヤクルトの暗黒よりマシだろw」っていう意見が散見されるんだけど、これは違うよね。阪神はともかくとしては、広島ヤクルトは、Aクラス常連ではないから。



落合GMのせいにされがちだけど、本質はそこにない。直近10年で、何度も優勝しているのだから、彼のせいにするのはお門違い。GMとしては有能ではなかったし、育成もしなかった。でも、そういった次元のことではないよ、俺が思うに中日ファンの苦しみは。

2006~2014においては、セリーグにおいて、巨人と中日しか、セリーグ優勝を果たしていない。これは有名だよね。で、2012は2位、2013-2014は4位、2015は5位、2016にはとうとう最下位。見事なまでの、下り坂。そして、スター選手もあまりいない。大島平田が中日愛にあふれていたから、FAされずに留まって良かったものの、それでも現在最下位。こりゃ苦しいよ。


svg
(wikiより)

ここまで中日が落下したのは、とうぜん、ドラフト戦略のミスもあるけれど、それは結果論にすぎないし、ナゴヤドームというホームランが出にくい球場をホームにしていて、落合政権と高木政権では、まだ守り勝つ野球をしていた(せざるを得ない)。そこで活躍していたのは、やはり投手陣だったよ。先発は、大野若松山井(ある程度オモテは期待できた)といて、中継ぎは福谷祖父江田島又吉浅尾と豊富だった。少なくとも、中継ぎにかんしては、そこそこ安定していたはず。

近年は、それが崩れてしまって、昨年信用できたのは、たしか又吉と田島ぐらいだったでしょ。ただ、ビシエド福田大島平田藤井と打撃陣が活発になり、まだ期待ができた。だけど、昨年終わりくらいからは、まともに打てるのが大島平田くらいになり、先発中継ぎもボロボロ、ビシエドは打たねえし、新外国人も守備でミス連発。希望は周平くらい。

整理すると、投手陣が崩れ、そして打撃陣も崩れた、んで、客も入らねえし試合も面白くない。直近15年ではAクラス常連だったのに、ここ5年は下降の一方なんよ。だから、すごい辛い。広島横浜は万年Bだったでしょ、そこにはあるていどの諦念があったけど、なまじAクラス常連だっただけに、ここ5年の停滞は余計に辛い。監督を高木→谷繁→森繁と変えても良くならず、コーチもダメ、選手も一部のみ、何に期待していいかわからず、負け試合ばかり。

スカッとする試合もない、なにか出口の見えないトンネルをひたすら巡っているようで辛いでしょ。過渡期だからって、ここまで希望が見えないのは中々ないよ。一昨年は和田とガッツがいたから、まだ楽しめた。今は、周平ぐらいしかいない。ホームランも球場のPF的に出にくい、つまり爽快感がない。軽くまとめたけど、まず、横浜阪神の暗黒とは、またちょっと違うことを知って欲しい。なまじ、Aクラスをあじわっているから、たちが悪いんよ。

このページのトップヘ