千了=1(別館)

日々の徒然、雑多なテーマに対し雑に述べる→本館はGOMISTATION

カテゴリ: 雑記

予告を見て満足していて一年、ようやく見れた。

序盤、二人が異変に気付いて、お互いの関係が変化する辺りは楽しかったしうまく出来ていた。とくに、斜光はキレイ。美術館デートぐらいまでは見入ってた。

夢を見とるじゃろ〜あたりからは、ちょっとなんかなあ。祖母がミツハではないと見破っていながらも、なぜかタキの警告を信用しない。町長とミツハの険悪な関係は、活かされなかった。タキくんが入ったミツハをまったく信用しない町長を描いたので、流石に親子の衝突を描くと思ったんだけど無かった。なんで険悪だったんだろうな。

オチは良かった。あそこで縦パンしてタイトル出すのは上手い。あと、手に、すきだと書いてたのも良かった、やられた。

カタルシスがないと、タキくんの気持ちには感情移入しにくい。なんか寸止めされている感じだった。

難しいテーマに挑んでいるとは思った。3年間のズレと都会と田舎のズレ、この2つの差を埋めて演出するのは大変だと思う。いかんせん、トランジションの少なさが、どうにもシーンごとのシームレスさをなくしているような気がした。



文句ばっかでアレだな最近、ネガティヴなのかな。良いところを見つけるようにしたい。

だからこそ、こうなる。普段の我慢がここに来る。それが発散されないと、しんどくなる。だから、いまは悪化させるだけなので、ネットから離れる。

くだらない冗談を真に受けてしまうほど、今の自分はおかしい、定期的におかしくなる。以前、「ヘラる時期がきたら見過ごしてくれ」と言ったとおもうが、その通りだ。そのようにおもう。職場やプライベートでも、ジョークはなかなか言えない。だんまりである。

昔は簡単に言えてたのになあ。いつからこうなったかは、自分のクソみたいなプライベートのことなので、とても言えないが、分かっている。ネットの問題などではない、現実だった。

■とくに今はない

アフィリエイトがちがちにして儲けようとか特に思ってない。お金は欲しいけど、お金もらうってことは責任が発生するので、それに見合った記事書かなきゃいけなくなる。自分には文章のスキル云々もないので、最低限、週1更新とかが必要になってくるんじゃないのかな。それは今だと、物理的に無理なので、やらない。

というか、アフィリエイト自体がコスパ悪い。やるなら、ウイッシュリストとかで乞食します。本とか漫画とか、DVDとか、それ以外は別に必要ないかなあと思ってる。仕事で稼いだ方が何倍も速いので…。お金でモチベが保たれるかもしれないから、一回はやってみたいよね。モチベ上がるには月どれくらいあればいいんだろう。5000円とかが現実的な値段だよね多分。それじゃあ、中途半端になりそうだから、ちゃんとお仕事募集して営業かけるわ。

このページのトップヘ