第1回の共通学力テスト(旧・センター試験、共通一次試験)が16.17日に行われた。さて、共通学力テストの謳い文句は、一貫として「知識だけでは解けない、思考力を使う問題の選定」である。旧・センター試験のラスト2年あたりから。この謳い文句に疑問を抱く。いや、センター試験というものに出会ってから常に思ってきた。

思考力を使う問題に対して、択一式(マーク式)試験を採用するのは、本質的に矛盾ではないか。「思考力を総合的に見る試験」ならば、受験生が「どのような思考を経て、どのように記述したかを見る」ことを最重要とすべきだ。択一式試験においては、たとえば、a~dの4つの選択肢があり、bが正答だった場合に、そこに至るまでの受験生の思考は0か100であり、たまたまヒットした受験生と、そうではなくきちんと考えて正答に至った受験生と、半分ていどは思考過程が正しかった受験生の点数の差別化ができない。まったくできないのだ。これは試験制度として破綻してはいないか。

こういうわけで、従来の旧・センター試験から択一式には反対意見だったのだが、思考力を要する、という謳い文句の共通学力テストになって、さらにそれが強まった。つまり、記述試験ならば、文科省が考える、コンセプトの論理はわかる。思考力を要する問題を出して、それがなるべく形になる(得点化しやすい)記述試験というもので判断をする。これならば、納得だ。そうではなく、思考力を要するという不明瞭な謳い文句の元、試験は択一式で行った結果、点数の差別化ができない。これは文科省の筋が通っていない、と思う。

そもそも、旧・センター試験時代から、数多の数学者・物理学者やノーベル賞受賞者に、「この試験は良くない」と指摘され続けてきたのだ。批判を受けても、この学力テストについての反省点はいっさい見られない。二回テストを行うにも関わらず、国公立二次試験の日程も変更をしない。もはや、めちゃくちゃとしか言いようがない。秋入学への変更も検討せず、春入学を強行する。

試験ひとつに、利権(岡山に親会社がある、バカなベネッセ)がついてまわり、制度設計できない。国公立大学は共通学力テストを無視、とまではいかないだろうが、東工大のような試験方式(※東工大は一次試験を足切りにしか利用せず、二次試験で合格者を決める)に大きく舵を切るかもしれないな、と考える。