※本館用に書いたが、偉そうになってしまったので別館に投げる


日本における「作画を語る」といった文化は残念ながら過疎化の一途をたどっており、おそらくいったんは消滅してしまうだろう。そもそも、この文化は、あるていどの敷居があり仕方ないかなと思う一方で、もう少し間口を広くして楽しく参加する人を増やせたのではないか、とも思う。現実的に、これから人を増やすことはとても難しい。残るのは気色の悪いコミュニケーションの羅列だけだろう。

負けはある。仕方ないので敗因を考えよう。敗因は「語る」の定義にある、と思う。「これは語れている/語れていない」、ということで無駄な内ゲバを繰り広げたのをよく見た。語るとは、単純に「この人ってここがすげえよなあ」みたいなことで、つまり、「特定のアニメーターについて、自分なりにの言葉で説明する」ていどで良かったのだけれど、「面白さ」ではなく「正しさ」が過剰に重視されてしまい、「議論」ではなく「論破」のような方向に向かってしまったのが悪かった。そのように個人的には思う。

「語る」というのは、つまるところ「自分の”視点”を見つけて、他人に丁寧に説明(紹介)する」だけで良かった。複雑で難しい修飾語をつけるでもなく、よく分からない難しい理論を持ち出すでもなく(※他者に伝えるのだから、余計な複雑化は無意味だろう。自分にしか分からない理屈はオナニーだ)、他人に素晴らしさを伝えることを怠ってしまった。理解できない作画に対して、「分からないけど、たぶんすごいことやってる!」みたいな単純なことができなかった。少なくとも3年は作画を語ってないとダメだとか、それからが本番だとか、そういった寿司職人のような、選民・宗教的な部分が衰退の原因だときわめて思う。

要するに、「他人に伝えるのを」が敗因だと思う。同時に、「他人の意見を尊重する」ということができなかったことも良くなかった。後者はとくにぼくも反省すべき点だろう。

まあでも、これはぼくの考えであるから、もうとっくに作画文化なんて終わってるやろ、と思ってる人もいるだろうし、極端な話、(感覚的な部分が多い作画の性質上)衰退せざるを得なかったという面も多分にあるとおもう。ぼくは黎明期とか知らないから、これでも十分に続いたのかもしれないし、落ち込んだ時期もあるかもしれない。

まああとは、ひょんなことから、また作画ブームみたいなのはきっと来るだろうし、未来の人たちに託すのみだ。