欲の否定は自分たちそのもの、存在の否定と同じではないだろうか。