閉塞感から圧迫感ある社会へと変貌し、互いに攻撃し合う社会へと移り変わりつつある。閉塞さの中で息苦しさを感じつつ、それに耐えきれず、圧迫が出てきた。そうなると、今度はつまらない、しょうもないことで、不安を煽り、他人と比べあいマウントを取り合うようになった。どちらが上で、こっちが上でと繰り返すようになった。儀式的なことを重んじ、形式主義に陥った。

一言でいえば、余裕がまったくなくなった。その上、ストレスは溜まる一方なので、攻撃的になった。まったく話さないか、他人を攻撃するようなコミュニケーションしか取れない人が増えたなあと感じる。そんな社会はただただ息苦しく、呼吸をするだけで精一杯である。