あるていど、本当のこと、合理的な「名より実をとった」ことを言うと、多くの人から反発される会話をよく見る。そこでは、理屈を超えた、情緒的な、もしくは避けがたい先入観がある世界をもとに、そのことについて思考している。つまり、現実を直視できなくなったのだ。目の前に広がる、「ダメさ」を許容できなくなったのだ。許容できなくなると、人はイエスマンしか隣におかなくなる。だからこそ、批判や意見は必要とされなくなったのだ。そして、だんだんと崩れていく。