事実と不実がある。その次に解釈のしかた、いやいや解釈とはとうてい呼べないような幼稚な曲解で、フェイクを生み出す。

フェイクニュースとは、そもそもの事実があるか、という段階と、事実はあるけれど曲解されている段階の2つに分けられる。