大谷 メジャー挑戦へ代理人選びの面談始める 米サイト報道
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170927-00000009-spnannex-base

ね?言ったとおりでしょ、今年は日ハムにとって、オオタニという商品にキズがついてはいけない年だったんよ単純に。WBC辞退→フットサル報道→2017投手・野手起用ほぼなし。呆然ですが、活躍はしません。これはまあ、至極とうぜんのことです。彼のフォーシームは、終速と初速の差が大きく、いわゆるノビがない。

選手情報-大谷翔平
https://baseball.yahoo.co.jp/npb/player/1200087/

メジャーから見れば、大谷の今年度の成績など、どうでもいい。それまで、安定した成績を残していたわけですから、別にそこに関して不安はない。その上、投手を徹底的に”消耗品”として管理するメジャーの考え方を見ると、日ハムはメジャーの「日本プロ野球などで、”消耗”して欲しくない」という考えに寄り添ったわけです。今風な言い方をすれば、「忖度」という形です。もはやWBC前、2月には今オフのポスが決定していたのでしょう。

まあ、こちらとしては、プロ野球ニュースで、大谷の名前を見る機会が減って嬉しい限りです。その代わりに、清宮のニュースはとうぶん続くでしょうね。まあ、こればかりは仕方ないかなあとも思います。