千了+1=Q

日々の徒然、雑多なテーマに対し雑に述べる→本館はGOMISTATION

2017年11月

最近どうにも、やりたいことが分かってきたような気がして。教科書みたいなものを作りたい。別にどんな科目/ジャンルでもいいんだけど、教科書みたいなものをとにかく作りたいんだなと。それはスロットも含まれるんだけど。RT/RT移行とか、なんでジャックインのシステムが必要なのか。とにかく、わかりにくいものをわかりやすいものに整理しなおしたい、みたいなのは、やっぱ原点かもしれないなあと思うようになった。

で、ぼくは教育家庭だったけれど、あまり塾とか行かなかったのね。塾行くと体調悪くなっちゃって、だから自宅学習になった。んで、中高生ですごく分かりやすい参考書とか教科書に出会って、ああこれは素敵な仕事だなあと思うようになったのね。たった1000円で自分の理解がまったく変わるっていう点が、ぼくにとっては革新的だった。そこらへんとブログは直接には結びつかないんだけど、精神的な面ではきちんと結びついてきたかもみたいな。

理解すること以上の快感はこの世の中にないんですよ。たぶん

手垢のついた紙に興味はあるかね。僕はとんとない。それが、良いか悪いか、はたまた面白いかによってのみ、評価は決定されるべきだ。自分の目を信じるべきだ。この世にたった一つしかない、自分の判断を信じてあげるべきだ。

6歳の子供に説明できなければ、理解したとは言えない。アルベルト・アインシュタイン

このページのトップヘ