さて、一軍登録選手を確認しよう。

【投手】
森福 大竹 菅野 吉川光 内海 マシソン マイコラス 谷岡 A.カミネロ 山口鉄 池田 田口

先発陣は、
菅野、吉川光、内海、マイコラス、田口、大竹 の6人

内海や大竹の年齢的な劣化は避けようがないが、2人ともこれまではよく投げている。菅野マイコラス田口は昨年に引き続き、ローテの中心だ。新加入の吉川光は、不安を残しながらも、6回2失点で上々の結果を残した。

救援陣は、
森福、マシソン、谷岡、カミネロ、池田、山口鉄の6人

マシソン、カミネロは8、9回の形として、これからも使われるだろう。どちらも速球派の投手で、比較的安定する。問題は、他の4人だ。左キラーとして、新加入した森福は、今の段階では、左右関係なく、バッコバコに打ち込まれており、山口鉄と役割が被っている。左のワンポイントとしての起用ならば、山口鉄(もしくは中川戸根)で十分だし、森福を使う必要がない。そして、谷岡池田は新人選手、ルーキーである。何を考えているのかわからないが、同点やピンチの場面で、投入されることが多い。新人選手は、基本的に、ビハインドや負け試合で登板を重ねていき、経験を積む、というのが大原則だ。ピンチの場面をいきなり任せるのは、はなはだ異常。


セミ先発・中継ぎとしては、
先発:高木勇、宮國、杉内、今村あたりがいる。
救援:中川、戸根、田原(故障?)、篠原(育成)

特に、高木勇、宮國は二軍でも調子が良く、先発に空きがないのであれば、いま困っている、リリーバーに回した方がいい。高木勇は昨年の実績も十二分にあるのにも関わらず、ルーキーを使っているのは、理屈に合わない。宮國も十分結果を残している。

杉内は股関節手術の影響で、ここ数年は登板から遠ざかっていたが、今年に入り、ようやっと二軍で先発をしている。上がってくるとしても、夏場以降だろうが、これは嬉しい情報だ。今村は、中継ぎとしても起用可能、そうだな、ロングリリーフから敗戦処理まで任せられる投手を2人は据えておきたいところだ。岡本石川など使って、ふざけている場合ではない。


野手陣を見ていこう

【捕手】
小林、實松、河野

三人体制である。それ自体は珍しくないが、現段階では、中継ぎが足を引っ張っているし、どうせ小林は最後まで出突っ張りだろう。ならば、河野は必要ない。

【内野】
寺内、坂本、阿部、脇谷、村田、マギー、岡本、中井

坂本阿部マギー中井はスタメンとして除くと、
(中井マギーは良くやっている)

寺内、脇谷、岡本、村田となる

寺内は守備・代走要因、脇谷は守備・代打要員、そして岡本は、「奇跡」を信じたい巨人のクソ首脳陣の、オナニー登録である。レフトの守備を見て、愕然とした。いくらなんでも、あの守備は、使ってはいけないレベルだ。立岡みたいに打てるわけでもないし、足があるわけでもない。村田はもったいない、昨年の三割打者、チーム内最多HR打者に対して、この仕打ちはなんだ。これなら、マギーをレフトに置いてでも、サードで起用したい。


【外野】
長野、亀井、重信、石川、立岡

長野、立岡、重信はスタメンとして除くと、

亀井石川となる。亀井は代打・守備要員、しかし、まだ9試合だというのに、.556という高打率を残し、6打点を上げる勝負強さを発揮。石川は代打要因だろうが、今は殆ど使われていない。岡本と同じく、お試し枠だ。

いや、まあそもそも、長野のスタメンは、再三言っているようにおかしい。彼の守備範囲は狭いし、かろうじてセンターで起用ができるレベルだ。そして、打撃は絶不調とくれば、一度、長野のためにも下に落として調整させた方がいい。そして、重信はもともと代走要因であるが、岡本と併用してレフト起用されている。まあ試行錯誤が多いのは、シーズン序盤であるから、とうぜんとしても、役割がかぶりすぎていると同時に、「ワンポイント」な選手が多すぎる。

岡本石川はパンチ力のある打撃で一軍登録されたが、守備代走はできない。重信は、昨シーズンの気が狂ったレベルの守備ではなくなったが、基本的には代走要因だ(昨晩のマルチは嬉しかったが)。長野は打撃が良いだけで、守備面で大きく、失点につなげている。昨年のwar(貢献指標)は、打撃が3割超えているにも関わらず、守備面での拙さを隠しきれず、マイナスとなった。そして、昨晩のライトフライである。前進守備とか、そういった事は関係なく、ライトならば、取れて当然のフライだった。ウォーニングゾーンまで打球は飛んだが、スタメンを張れるライトならば、取れている。原前監督ならば、叱責していたであろう。