2017年02月15日

まあ傷ついたりすることもあるけれども、どういうコメントでもあると嬉しい。しかし、自分が好きなブログに、「ああ言及したい」となった次第に、コメントするのが大変に難しいことに気付いた。なんでも書いていいよ、と普段から述べている人間としては、悩むべきではないのだろうけど。まあ、その距離感みたいなものが大切であるのだ。 

距離が離れているからこそ、お互いを(損得抜きで)批評できるのであって、近づいてしまうと、正常な判断はできないのではないか。そういった思いがある。じっさい、ぼくは近くの人を批判できない。説教みたいな真似ができる身分ではないし、そういった身分にあったとしてもしたくないし、まあそういう人間なのだ。面白いものは面白いといえるが、それがほんとうに正しいかどうかは今は判断しかねる。

という言い訳で、他人のブログへコメントできなかったというクダラナイ事実を述べておこうと思う。ああ、これは確かにみんながためらうのも分かる。述べにくいね。 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字