ノⅠ了=Ⅰ(別館1)

雑多なテーマに対し雑に述べる→本館はGOMISTATION

記事が話題になると印税で食ってる気持ちになるな。いや、とくになにも儲けているわけではないけれど。

というネタをずっとやろうやろうと思っている。まったく形にならないので、一旦公開(本館で、たぶん、その内改善したやつを公開する)。

エロゲーのOPは、もうテンプレ化している。んで、その中でも、幾何、図形が、いちばん魅力的、人間にとって、気持ちがいい幾何があるような気がする。もっと言うと、気持ちがいい角度(傾き)がある気がしている。


・機動戦艦ナデシコ OP
キャプチャ001

四角形~三角形のマスクが展開される


・シュタインズゲート(ゲーム/PS3) OP
06]

真ん中は五角形、その他は三角形や台形


別ハードのOP
48]

長方形3つのバランス



こういう感じ。あ~なるへそ~となってもらえると思う。何かよく分からないけれど、映像が流れていく上で、こういうカットがあると気持ちがいい、テンションが上がるよね。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「窓の雨粒」特集もそうだけど、他人にはネタをあげても(別にこっちは損をまったくしないので良いんだけれど)、それはちょっとなあと思うんよね。そのおもしろさというのは、これおもれわーと思った本人が整理して、結論づけた方が情熱ある(情熱が感じられると、読者に届く)と思うから。だいたいネタなんて、受けるかどうかは別にせよ、あるていどは絞り出すものであって、そこから形にするのがいちばん大変だよホント、一つの記事にするのは、労力がかかる。完璧にしようとしすぎか。


さいきんは、別館の記事で満足しちゃってる感じがあるから、更新を停止させないといけないと思う。ここで満足しちゃうと意味がない。まあほんとうにチラ裏以下になると思うよ。メモメモ、ばっかだなあたぶん。小出しにすると、柿田記事化(続きは後で戦法、ぜったいに書かない)しちゃいそうでイヤなんだけど、そうも言ってらんねえなあと。

よく、これをアニメ化できたなと思った。一歩間違えたら、まったく意味不明になりそうだ。SF理論のところも、最低限度、意味が通じるように残してあるし、それでいて楽しめる。改めてすごい。


座標指定の件とか、いろいろSF要素テンコモリでゲームは面白い。「ほんとうにできそうかもしれん」と思わせるところが良い。しかし、ADVというジャンルのゲームはほぼ初めてに近いので、けっこう苦労するな。選択肢もほとんどないし(メールの中で、どの文字列に対し返答するかで、その後のストーリーが決定される、チャプター5あたりで知った)、けっこうしんどくはある。結末を知らなかったら、もっときっと楽しいんだろうけどね。

シュタゲにはまっている。そして、ゲームまで買ってしまった(正確にはお兄ちゃんがだが)。「やっべww『お前を見ているぞ』メールこっわww」「『失敗した』キタ━」みたいなノリでやっていたけれど、ちょっとした思いつきで、鈴羽ルートらしきものにいって、すごく後悔しました。なにあのオカリン、もとい宮野は。演技とは思えない。

中日ドラゴンズの弱さが細胞の隅々にまで染み渡っていく
http://anond.hatelabo.jp/20170506173315

あーあんまり、ブコメでは中日ドラゴンズファンの苦しみが分かっていない人が多すぎるので、ここで指摘しておく。親会社、ドラフト戦略の失敗どうこうではないよ、彼らの苦しみは。つか、あまりに分かってなさすぎ。トヨタにでも親会社変えれば、上手くいくと思っているのは浅はか。んで、「阪神広島ヤクルトの暗黒よりマシだろw」っていう意見が散見されるんだけど、これは違うよね。阪神はともかくとしては、広島ヤクルトは、Aクラス常連ではないから。



落合GMのせいにされがちだけど、本質はそこにない。直近10年で、何度も優勝しているのだから、彼のせいにするのはお門違い。GMとしては有能ではなかったし、育成もしなかった。でも、そういった次元のことではないよ、俺が思うに中日ファンの苦しみは。

2006~2014においては、セリーグにおいて、巨人と中日しか、セリーグ優勝を果たしていない。これは有名だよね。で、2012は2位、2013-2014は4位、2015は5位、2016にはとうとう最下位。見事なまでの、下り坂。そして、スター選手もあまりいない。大島平田が中日愛にあふれていたから、FAされずに留まって良かったものの、それでも現在最下位。こりゃ苦しいよ。


svg
(wikiより)

ここまで中日が落下したのは、とうぜん、ドラフト戦略のミスもあるけれど、それは結果論にすぎないし、ナゴヤドームというホームランが出にくい球場をホームにしていて、落合政権と高木政権では、まだ守り勝つ野球をしていた(せざるを得ない)。そこで活躍していたのは、やはり投手陣だったよ。先発は、大野若松山井(ある程度オモテは期待できた)といて、中継ぎは福谷祖父江田島又吉浅尾と豊富だった。少なくとも、中継ぎにかんしては、そこそこ安定していたはず。

近年は、それが崩れてしまって、昨年信用できたのは、たしか又吉と田島ぐらいだったでしょ。ただ、ビシエド福田大島平田藤井と打撃陣が活発になり、まだ期待ができた。だけど、昨年終わりくらいからは、まともに打てるのが大島平田くらいになり、先発中継ぎもボロボロ、ビシエドは打たねえし、新外国人も守備でミス連発。希望は周平くらい。

整理すると、投手陣が崩れ、そして打撃陣も崩れた、んで、客も入らねえし試合も面白くない。直近15年ではAクラス常連だったのに、ここ5年は下降の一方なんよ。だから、すごい辛い。広島横浜は万年Bだったでしょ、そこにはあるていどの諦念があったけど、なまじAクラス常連だっただけに、ここ5年の停滞は余計に辛い。監督を高木→谷繁→森繁と変えても良くならず、コーチもダメ、選手も一部のみ、何に期待していいかわからず、負け試合ばかり。

スカッとする試合もない、なにか出口の見えないトンネルをひたすら巡っているようで辛いでしょ。過渡期だからって、ここまで希望が見えないのは中々ないよ。一昨年は和田とガッツがいたから、まだ楽しめた。今は、周平ぐらいしかいない。ホームランも球場のPF的に出にくい、つまり爽快感がない。軽くまとめたけど、まず、横浜阪神の暗黒とは、またちょっと違うことを知って欲しい。なまじ、Aクラスをあじわっているから、たちが悪いんよ。

このページのトップヘ